人物

仁禮彩香のwiki経歴は?両親や父親の職業や家族構成も調査!

慶応大学に通いながら起業し、教育プログラムを提供する会社「TimeLeap」の代表取締役を務めている仁禮彩香(にれい あやか)さんが話題になっています。

仁禮彩香さんは小学生の時から日本の教育に疑問をもち、中学2年生に起業しています。

この時点で周囲とは違った考えの元育ったのがわかりますよね。

仁禮彩香さんの両親はどんな人なんでしょうか?

父親も会社の経営としているのかも気になりますよね!

今回は、仁禮彩香のwikiや経歴についてまた両親はどんな人なのか調べてみました。

仁禮彩香の両親や家族構成は?父親の職業は何?

中学生で起業するなど、ご両親はどんな教育を彩香さんにしていたのかな?と気になったのですが、彩香さんの両親は父親はサラリーマン、母親は主婦をしていて特に特殊な家庭でもなくいわゆる一般家庭で育ちした。

中学生で起業したいなんて、両親も経営者だったり起業しているのかなと思ったら違いました。

仁禮彩香さんが小学生のころから、今の日本の教育や学校での勉強法に疑問を感じていたそうで、両親のその気持ちをぶつけたそうなんです。

両親はそんな娘の意見を尊重し、否定しないでどうしたらいいのか一緒に考えてくれたみたいです。

仁禮彩香の経歴

仁禮彩香(にれい あやか)さんは現在「TimiLeap」の代表取締役をしています。

彩香さんが小学生の時から感じた教育に対する違和感や経験を元に、小学生~高校生の学生に対して新しい考えたや人生を切り拓く力を育てるプログラムを提供する会社を立ち上げました。

そんな仁禮彩香さんが初めて教育に対して疑問を持ったのは小学1年生の時でした。

仁禮彩香さんは学校で勉強するようになり、教科書や先生の意見や答えが絶対的であることに疑問を感じたそうです。

教科書や先生の意見のみが正解でそれ以外は正しくない。と決められていたことが嫌だったそうです。

算数や国語の漢字テストであれば、決められた答えしかありませんが、例えば国語の長文読解だったり、意見を話す道徳や生活の授業では、はっきり言って正しい答えというのは一つではないですね。

考え方次第では、なぜこれが答えになるのか受け入れなれない子もいるでしょう。

仁禮彩香さんも1年生の時に、教科書や先生の意見だけが正解という学校のやり方が嫌で、お互いの意見を聞きながらよりより答えを導きだすグループワークのような場所で学習したいと思っていたそうです。

仁禮彩香さんがそう感じたのは、仁禮彩香さんが通っていた幼稚園がそのような考えの幼稚園だったそうです。

仁禮彩香さんが通っていた幼稚園は湘南インターナショナルスクールです。

湘南インターナショナルでは、個人を尊重する考え方を幼稚園から伝え続けています。

社会に出て生活するにはお互いの意見を尊重していくという考えを大事にしていました。

湘南インターナショナルに通っていたため、そこから普通とは違った生き方を求めるようになったんですね。

幼稚園児ながらしっかりその湘南インターナショナルの教育が身についていた証拠です。

仁禮彩香さんの両親は娘の考えを聞いて、普通の小学校から彩香さんが求める小学校はないのか?と思い、彩香が通っていた湘南インターナショナルに相談をしに行きます。

湘南インターナショナルは幼稚園しかなかったのですが、彩香さんの考えを持った子供のためにみ湘南インターナショナルで小学校を作ってくれるように頼んだそうです!

そしてこの素晴らしい意見は取り入れられて、湘南インターナショナルグレイドスクールが開校になりました。

 

彩香さんはSIS Grade Schoolの1期生として公立小学校ではなく、インターナショナルスクールに編入したのです。

6年間自分求める環境で過ごし、その間にも日本の教育を変えたいと思うようになっていきました。

仁禮彩香の中学や高校はどこ?

仁禮彩香さんはインターナショナルスクールを卒業後は、中高一貫校の横浜翠陵中学・高校に通っていました。

中学もインターナショナルスクールじゃないんだ?と思ったかもしれませんが、仁禮彩香さんは幼稚園から小学校までインターナショナルスクールで勉強していたので、一度も日本の従来の授業や勉強を体験されていません。

将来は日本の教育を変えていきたいと考えていたので、中学や高校は一般的な日本の学校に通うことにしたそうです。

仁禮彩香のwikiプロフィール


生年月日:1997年6月6日生まれ

年齢:23歳

幼稚園:湘南インターナショナル

小学校:湘南インターナショナルGrede School

中学・高校:横浜翠陵中高一貫校

大学:慶応大学総合政策学部在学中