エンタメ&ニュース

松山聖陵の金属バット折れた動画や画像はある?高校野球愛媛大会・準々決勝

8月6日に行われた、高校野球愛媛大会の準々決勝で松山聖陵高校と、今治西高校が対戦しました。

5回松山聖陵高校の攻撃で、2番バッターで3年生の鎌倉昇磨内野手が打球を打った瞬間に金属バットが折れてしまったそうなんです。

高校野球では、金属バットが使用されていますが、金属バットが折れるなんてことは滅多にない光景で会場も選手もざわざわとしていたようなんです。

そこでこの金属バットが折れた瞬間の動画はあるのか画像はあるのか調べてみました。

松山聖陵の金属バット折れた動画や画像はある?

2番バッターで3年生の鎌倉昇磨内野手が打った瞬間にバッドの先も折れたということですが、今のところ画像や動画はありませんでした。

テレビ中継もされていなかったので、中々その瞬間を撮っていた人もいなかったのかなと思います。

使用していた金属バットは、試合用の金属バットで、使ってまだ半年ほどのバットだったそうです。

金属バットが折れるなんて、早々ないことなので折れたバットは審判部持ち帰ってメーカーへ調査を出すそうですよ。

そこまでするんですね。

金属バットが折れるは珍しいの?

いくら金属バットでも折れることはあると思いますが、木製バットに比べてたら折れにくいということで、少年野球や高校野球では金属バットが使用されているんですね。

春・夏の高校野球の試合を見ていても確か金属バットが折れてしまうハプニングはこれまで見たことがありませんでしたので、今回金属バットが折れてしまったのは珍事件だったようです。

野球の試合では、プロと大学野球では木製バットが使用されていて、高校野球や少年野球では金属バットが使用されています。

愛媛大会の準々決勝で松山聖陵高校と、今治西高校の試合の動画はまだありませんでしたので、新しい情報が入り次第追加していきたいと思います。

ニュースなどでも取り上げられるかもしれないですね。